家庭菜園年間栽培カレンダー

PR

ガーデニング・家庭菜園の無料ブログ作成サービス

新着記事一覧

べと病とは、太陽の光によって植物の葉がまるで焼けてしまったような状態になってしまうものです。 初期の状態では、葉っぱに褐

記事の続きを読む »

さび病とは、葉に白い斑点がでて、白い斑点が褐色の小斑点となって表皮がはがれて粉末が飛び散る症状をいいます。 発生が激しい

記事の続きを読む »

春まきと秋まき、1年間に2度収穫を行えるホウレンソウは、種まきから収穫まで1ヶ月程度と短い栽培期間。 虫に葉が食べられて

記事の続きを読む »

8月の下旬から9月にかけて、種まきの時期を迎える大根。 栽培期間が2ヶ月程度と短く、家庭菜園初心者の方にも栽培が比較的簡

記事の続きを読む »

エンドウ豆は、連作障害に弱く、同じ場所で5年は栽培する事が出来ません。 また、酸性の土壌によも弱い為、石灰等で土壌の酸度

記事の続きを読む »

スイカは、野菜の中で、最も強い日光を好み、生育適温も昼間28~30度、夜間18度以上と高いので、日当たりの良い場所を好む

記事の続きを読む »

野菜のうち、最も高温性で、適温は昼間28度~30度、夜間18度~20度です。 15度以下では生育が困難な為、夏に最適な野

記事の続きを読む »

1度植えれば10年程度収穫がし続けられるアスパラですが、植えてから3年は収穫が出来ません、 栽培方法の違いにより、ホワイ

記事の続きを読む »

青菜の代表的存在の小松菜。 カロテン、ビタミンC、鉄など豊富に含む栄養価の高い緑黄色野菜です。 種まきから短期間で収穫す

記事の続きを読む »

独特のねばりはムチンとペクチンによるもので、オクラは、夏バテ防止などの効果がある事で有名ですが、4月5月頃より育てる事が

記事の続きを読む »

血液をさらさらにし、高血圧や糖尿病予防に効果があると言われているたまねぎですが、種まきは9月頃、苗から育てる場合は、植え

記事の続きを読む »

じゃがいもはレタスと同様に、涼しい気候を好む野菜です。 春(2.3月)と秋(8月)に植える事が出来、植え付け後90日程で

記事の続きを読む »

夏の暑さが和らぎ、秋を感じられる頃に植えるレタス。 レタスは気温25度以上では発芽しにくい為、涼しくなった頃が植え頃です

記事の続きを読む »

リーフレタスは、種からでも簡単に育てる事ができ、奥様には大変重宝する野菜の一つです。 キッチンやベランダ菜園などでもすく

記事の続きを読む »

大豆の未熟豆を野菜として食べるのがえだまめ。 緑色の品種が主流ですが、茶色みを帯びた茶豆の品種は地方野菜として需要があり

記事の続きを読む »

さつまいもは、痩せた土でも栽培がしやすく、野菜の中で最も暑さにも乾燥にも強いので、初心者の方にもオススメの野菜です。 水

記事の続きを読む »

かぼちゃは、病気にも強く、生育が旺盛なので、家庭菜園初心者でも育てやすい野菜の一つです。 また、2ヶ月程で収穫が出来るの

記事の続きを読む »

ハーブ花壇を作り、ホームセンターへ早速ハーブを購入しに行った際、衝動買いをした『わけぎ』ですが、育て方をメモしておきます

記事の続きを読む »

我が家の子供が大好きなソラ豆を庭に植えました。比較的初心者でも簡単に育てる事の出来るそら豆は、家庭菜園を始めるきっかけに

記事の続きを読む »

我が家の子供はイチゴが大好き!去年は時期を逃してしまったので、今年こそは、といちごの栽培に挑戦しました。 苗から育てると

記事の続きを読む »

サンクスLINK

芝生の植え方

ページ上部に