家庭菜園初心者ナビ

初心者でも簡単にプランターやお庭で作れる野菜の家庭菜園ガイド

4月 5月 6月

えだまめ

投稿日:2013年4月15日 更新日:

大豆の未熟豆を野菜として食べるのがえだまめ。
緑色の品種が主流ですが、茶色みを帯びた茶豆の品種は地方野菜として需要があります。山形のだだちゃ豆が有名です。
初心者の方でもプランターなどで栽培出来る育てやすい野菜です。

枝豆の基本情報

  • 難易度:中
  • P生育適温は25~28℃
  • 植え付け時期:4月上旬~6月下旬頃
  • 収穫時期:6月中旬~9月下旬頃
  • 連作障害:連作可能
  • 枝豆の育て方

    栄養・効果

    水分は多いですが、成分は大豆に由来する良質なたんぱく質・脂質を含みます。
    食物繊維やカロテン・ビタミンC・ビタミンB1なども多く含み、野菜としての栄養価も高いのが特徴です。
    ビタミンCにおいては、枝豆を一掴みくらい食べれば一日に必要なビタミンCの約半分を取ることができます。
    ダイズサポニンイソフラボンも含まれていて、それらは血中脂質を低減させ、コレステロール値の上昇を抑制す働きがあることが明らかになっています。
    このことから、二日酔いを和らげたり脂肪肝予防に効果的な野菜と言えます。
    『ビールのおつまみに枝豆』は健康面でも理にかなっていると言えますね!

    選び方

    ホームセンターなどで、苗を購入する場合、枝付きのもので、うぶ毛が濃く、さやがふっくらしているものを選びます。
    1さやに3粒入っているものが良品の目印です。
    初心者の方でも種から簡単に栽培する事も可能です。

    土作り・植え付け

    枝豆畝高20cm、株間30cm間隔で一箇所3~4粒程度の種を撒きます。
    発芽後、本葉2枚になったら、1株2本立ちにに間引きを行います。
    背丈が20㎝程度になった頃、軽く土寄せをし、転倒しないようにしてください。

    育て方~収穫

    実がつき始めてから乾燥させてしまうと、スカスカになってしまうので、開花~実がつきだした頃は、水をたっぷりとあげて下さい。
    この管理を怠ると、失敗します。
    また、収穫期が1週間程度と特に短いので、実になって来た頃から毎日チェックを怠らないように気をつけて下さい。

    保存方法

    枝付きのものももぎさやにしたものも、ポリ袋に入れて冷蔵保存をします。
    高温におくと呼吸が高いため、うまみや甘味の成分が急減するので、収穫後はできるだけ早く冷蔵しましょう。
    さっと茹でて冷凍保存も可能です。

    下処理

    さやを枝からキッチンバサミで切り離してください。洗って塩でもんでから熱湯に入れて3~5分茹でます(5分以上茹でるとアミノ酸が流出しやすくなります)。
    茹で上がったらざるにあけて冷ます。洗ったり冷水にとったりしない。

    PR:3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」

    -4月, 5月, 6月
    -

    関連記事

    リーフレタス・サニーレタス

    リーフレタスは、種からでも簡単に育てる事ができ、奥様には大変重宝する野菜の一つです。 キッチンやベランダ菜園などでもすくすくと成長するので、狭い場所を活かして春から秋の間は切らさずに育てておきたいです …

    アスパラガス

    1度植えれば10年程度収穫がし続けられるアスパラですが、植えてから3年は収穫が出来ません、 栽培方法の違いにより、ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスとがあります。 ホワイトアスパラガスは、芽が …

    トマト

    家庭菜園をするなら一度は育ててみたいトマト。簡単に実を付けますが、その管理は結構難しく、初心者向けとは言えません。甘く無かったり、大きくなる前に割れてしまったり。 でもコツが分かれば美味しいトマトを栽 …

    さつまいも

    さつまいもは、痩せた土でも栽培がしやすく、野菜の中で最も暑さにも乾燥にも強いので、初心者の方にもオススメの野菜です。 水はけと通気性、コガネムシの幼虫に注意すれば、大きな芋が収穫できますよ! さつまい …

    小松菜

    青菜の代表的存在の小松菜。 カロテン、ビタミンC、鉄など豊富に含む栄養価の高い緑黄色野菜です。 種まきから短期間で収穫することができるので育てやすく、初心者にもおすすめです。 小松菜は菜類のうち、最も …

    オクラ

    独特のねばりはムチンとペクチンによるもので、オクラは、夏バテ防止などの効果がある事で有名ですが、4月5月頃より育てる事が可能になります。また、ビタミン・食物繊維が豊富な事も有名ですね。 品種は様々です …

    キュウリ

    キュウリ

    キュウリは夏野菜の代表のように思われていますが、実は暑さが苦手な野菜。生育適温は18~25度で気温25度以上の盛夏には生育が衰えてしまいます。一方でキュウリは果菜類としては比較的生育の早い野菜です。最 …

    かぼちゃ

    かぼちゃは、病気にも強く、生育が旺盛なので、家庭菜園初心者でも育てやすい野菜の一つです。 また、2ヶ月程で収穫が出来るのも魅力です。 かぼちゃ基本情報 難易度:中 植え付け時期:4月下旬~5月上旬頃 …

    大葉(青じそ)

    大葉(青じそ)

    大葉(青じそ)は日本の風土に適するため、とても育てやすい植物です。翌年からは土に落ちた種から芽が出て毎年収穫が楽しめます。 ビタミンAを多く含む緑黄色野菜。大葉の独特な香りはペリルアルデヒドという成分 …

    スイカ

    スイカは、野菜の中で、最も強い日光を好み、生育適温も昼間28~30度、夜間18度以上と高いので、日当たりの良い場所を好む夏の代名詞的野菜です。 初心者でも簡単に栽培が可能で、粘土質の土壌から砂質まで幅 …