家庭菜園初心者ナビ

初心者でも簡単にプランターやお庭で作れる野菜の家庭菜園ガイド

初心者

有機肥料?化学肥料?野菜の肥料丸わかり

投稿日:2012年5月12日 更新日:

肥料は野菜の生育には欠かせない重要な要素の一つです。『土壌改良』のページでも少し説明をしていますが、このページでは効果的な肥料の与え方をご説明します

肥料に含まれる要素を理解する

肥料は植物が光合成によって作る事の出来ない物で、肥料は窒素・リン酸・カリウムが3要素に分類出来ます。それぞれが持つ役割は異なるので、野菜の種類、状況に合わせて使い分ける事が、大きい実を実らせたくさん収穫する為の秘訣です。

窒素

作物の葉を茂らせたり、葉の生育を早め、枝や茎を形づくる働きがあります。特に葉菜類や根菜類には必要です。果菜類などには、実つきが悪くなる場合があるので、やりすぎに気をつけます。

リン酸

根の生育や、果菜類の花の着きを良くします。また、実どまりをよくします。実がなる野菜などへは、味を良くする効果があります。

カリ

日光が不足しているときにカリを多く施すと、光合成の働きを促す効果があります。ジャガイモやなどを大きくさせたり、豆類の実どまりをよくする効果があります。

有機肥料とか化学肥料とかって何?

有機肥料

有機肥料ほとんどのものが、窒素・リン酸・カリの3つを含み、効きめが長いので、トマトやナスのような収穫期間が長い野菜に効果があります。元肥として施すときは、種まき、植えつけの2週間前には施しておく事で、土に馴染み肥料焼けなどが起こらなくなります。

化成肥料(無機質肥料)

化成肥料は人間でイメージする所のサプリメントや薬の様なものです。人工的に作られたもので、バランスが良く、虫などが集まりにくい事が特徴です。

 

肥料は最初は、難しく感じますが、商品ごとに与える量が袋やパッケージに記載されていますので、購入する際にしっかりと確認すれば大丈夫です。

初心者インデックス

  1. 育てたい野菜を書きだしてみよう
  2. 家庭菜園で揃えたい道具
  3. 畑作りのイメージ
  4. 年間栽培カレンダーを作ろう
  5. 連作障害を意識しよう
  6. 有機肥料?化学肥料?野菜の肥料丸わかり【このページ】
PR:3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」

-初心者

関連記事

育てたい野菜を書きだしてみよう

 このページをご覧になっている貴女はきっと、これから家庭菜園を始めようとしていると思います。 家庭菜園は子供と一緒に楽しむ事が出来る遊び場になりますし、効率よく野菜を育てれば家計の節約にもつながります …

連作障害の対策を意識しよう

 連作障害とは、“畑地で同一作物またはナス科作物のように分類学上近縁な作物を連続して作付けすると、作物の生育が悪くなり、収量が減少することを連作障害という。古くは一般に忌地(いやち)といわれたが、最近 …

ナス

ナス

高温多湿を好む野菜で、気温がまだ低い時期の植え付けは禁物。遅く植え付ける方が長期間連続の収穫が期待できます。 栽培はそれほど難しくはありませんが、水やりや整枝、継続的な追肥などの手間が多少かかります。 …

ベビーリーフ

ベビーリーフ(ミックスレタス)

ベビーリーフとは、いろいろな種類のレタスの若い葉のことです。ベビーリーフという名前の品種ではありません。 簡単にできるのでコンテナやベランダ菜園が良いでしょう。発芽率も高く、手もあまりかからないので初 …

二十日わけぎ栽培・育て方

ハーブ花壇を作り、ホームセンターへ早速ハーブを購入しに行った際、衝動買いをした『わけぎ』ですが、育て方をメモしておきます。 誰にでも簡単に育てる事のできる二十日わけぎは狭いスペースでも育てる事が出来る …

野菜の栽培カレンダーを作ろう

 『畑を作る前にイメージしよう』のページをご覧になって頂いた方は、場所や育ててみたい野菜が区画ごとにまとまってきたと思います  多くの方が今イメージをしているのは、これからすぐに植える事の出来る野菜の …

園芸資材

家庭菜園に役立つアイテム

 家庭菜園を一から始めようと思った場合、何を揃えておけば良いのか分かりにくいので、まとめてみました。 便利な道具が色々と販売されていますが、全部が必要という訳でもありません。まずは最小限必要なものを揃 …

トウモロコシ

トウモロコシ

世界的には穀物としての生産が最も多いトウモロコシ。世界三大穀物(米・麦・トウモロコシ)の一つなのです。日本で食用とされているのはスイートコーンがほとんど。 茹でた甘いトウモロコシは子供のおやつに最適で …

畑を作る前にイメージしよう

 私もこれで失敗した事があるのですが、畑作りは場所や作りたい野菜のイメージが無いと、効率よく育てる事が出来ません。私の場合は、庭全体のレイアウトをあまり良く考えず、「一番日の当たる場所だから」と決めた …

大葉(青じそ)

大葉(青じそ)

大葉(青じそ)は日本の風土に適するため、とても育てやすい植物です。翌年からは土に落ちた種から芽が出て毎年収穫が楽しめます。 ビタミンAを多く含む緑黄色野菜。大葉の独特な香りはペリルアルデヒドという成分 …