家庭菜園初心者ナビ

初心者でも簡単にプランターやお庭で作れる野菜の家庭菜園ガイド

7月 8月 夏野菜

メロン

投稿日:2013年7月30日 更新日:

野菜のうち、最も高温性で、適温は昼間28度~30度、夜間18度~20度です。
15度以下では生育が困難な為、夏に最適な野菜と言えます。
日当たりが良い場所に植えつける事で、比較的簡単に初心者でも栽培する事が出来ます。
メロンの育て方
メロンはうどんこ病が大敵な為、プリンスPF6号アリスなどが抵抗性があるのでオススメです。

連作障害がある為、1度植えた場所には4年程度植えつけを行う事が出来ません。

土造り

苗を植える2週間前に1㎡当たり苦土石灰150gと堆肥3kgを入れて、よく耕します、1週間前に有機配合肥料150gを入れて畝幅50cmの畝を作ります。
畝を2列以上作る場合は、畝と畝の中心を200cm程度あける様にして下さい。

植えつけ・摘心

畝全体にマルチを行い、地温を上昇させます。
植えつけ幅は75cm間隔とやや広めにとるのがポイント。
植え付け後はたっぷりと水やりを行って下さい。

植え付けから3,40日経過し、親ずるに本葉が5~6枚になったら摘心し、子づるの成長を促します。
子づるは、本葉10~12枚で摘心を行い、孫づる(着果枝)の発生を促します。

追肥・敷きわら

メロンの収穫
1番果が卵くらいの大きさに肥大したら、畝の横に1回目の追肥を行います。
追肥は、1株あたり化成肥料大さじ2杯・油かす大さじ4杯程度です。
2回目の追肥は、1回目から20日後に1回目と同量を行います。

株の横には、果実を直接土につかない様に、敷きわらを行っておくと、病気の防止にもつながります。

一株当たり5~6個に収穫量を絞ります。さらに肥大させ品質を良くしたい場合には、1株2~3個に限定する必要があります。

収穫

花が咲き30~50日で収穫が可能になります。
収穫してから、数日は常温で日光の当たらない場所で保管しておくと甘さが増します。
食べる前には冷蔵庫で冷やしてから。

PR:3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」

-7月, 8月, 夏野菜

関連記事

トマト

家庭菜園をするなら一度は育ててみたいトマト。簡単に実を付けますが、その管理は結構難しく、初心者向けとは言えません。甘く無かったり、大きくなる前に割れてしまったり。 でもコツが分かれば美味しいトマトを栽 …

ズッキーニ

ズッキーニ

外見は一見キュウリに似ていますが実はカボチャの仲間。別名『つるなしカボチャ』とも言われます。 連作障害も無いので比較的育てやすい野菜です。 カロテンが豊富でデンプン質が少ないため、低カロリーでヘルシー …

リーフレタス・サニーレタス

リーフレタスは、種からでも簡単に育てる事ができ、奥様には大変重宝する野菜の一つです。 キッチンやベランダ菜園などでもすくすくと成長するので、狭い場所を活かして春から秋の間は切らさずに育てておきたいです …

大葉(青じそ)

大葉(青じそ)

大葉(青じそ)は日本の風土に適するため、とても育てやすい植物です。翌年からは土に落ちた種から芽が出て毎年収穫が楽しめます。 ビタミンAを多く含む緑黄色野菜。大葉の独特な香りはペリルアルデヒドという成分 …

トウモロコシ

トウモロコシ

世界的には穀物としての生産が最も多いトウモロコシ。世界三大穀物(米・麦・トウモロコシ)の一つなのです。日本で食用とされているのはスイートコーンがほとんど。 茹でた甘いトウモロコシは子供のおやつに最適で …

キュウリ

キュウリ

キュウリは夏野菜の代表のように思われていますが、実は暑さが苦手な野菜。生育適温は18~25度で気温25度以上の盛夏には生育が衰えてしまいます。一方でキュウリは果菜類としては比較的生育の早い野菜です。最 …

ジャガイモ

じゃがいもはレタスと同様に、涼しい気候を好む野菜です。 春(2.3月)と秋(8月)に植える事が出来、植え付け後90日程で収穫が可能な初心者向きな野菜です。 土壌の下準備 定植前にタップリと肥料を撒いて …

ピーマン

南アメリカ原産で高温を好み、害虫にも強い!夏越しは比較的簡単な野菜です。 手間がかからず、長期間収穫することができるので初心者さんにもおすすめです。 難易度:低 最適PH:6.0~6.5 植え付け時期 …

ラディッシュ

ラディッシュ

栽培期間が短いことから「二十日大根」とも呼ばれます。 真夏と真冬を除けばいつでも栽培できてしかも短期間で収穫もできる、またコンテナでも気軽に栽培できるので初心者向けの野菜です。

ナス

ナス

高温多湿を好む野菜で、気温がまだ低い時期の植え付けは禁物。遅く植え付ける方が長期間連続の収穫が期待できます。 栽培はそれほど難しくはありませんが、水やりや整枝、継続的な追肥などの手間が多少かかります。 …