家庭菜園初心者ナビ

初心者でも簡単にプランターやお庭で作れる野菜の家庭菜園ガイド

11月 9月 根もの野菜

タマネギ

投稿日:2013年7月10日 更新日:

血液をさらさらにし、高血圧や糖尿病予防に効果があると言われているたまねぎですが、種まきは9月頃、苗から育てる場合は、植え付けを10月頃に行い、収穫は翌年の5月頃となります。
生育期間が長い為、栽培が難しそうですが、苗から栽培する事で、比較的簡単に育てる事が出来る野菜です。
タマネギの品種には、早生品種、中晩生品種があり、早生品種は早く収穫が可能ですが貯蔵性に欠ける部分があります。
タマネギの育て方

土壌の下準備

春になる頃から、生育が盛んになりますので、それまでにしっかりと根を張らせる事が、大きなたまねぎを育てるポイントです。
土壌は早めの9月頃から準備を開始します。
完熟堆肥を1平米当たり2KGと苦土石灰をひとつまみ撒き、よくすきこんでおきます。
また、種まきの1~2週間前には、化成肥料をひとつまみ蒔き、耕しましょう。
その後、水はけがよくなるように、畝を作ります。
畝は高さ15cm、幅80cmのベッド畝が一般的です。生育期間が長い為、黒マルチなどで畝全体を覆い、雑草対策を行った方が良いでしょう。

玉葱の植え付けと追肥

タマネギの植え付け
植え付けの間隔は、タマネギが肥大した時にぶつからないよう、15cm程度の間隔を空けて植え付けていきます。
追肥は、12月と2月の2回に分けて行い、それぞれ、1株当たり化成肥料を3g程度施します。
収穫時期の3ヶ月前までに追肥を終わらせる事で、貯蔵性アップに繋がります。

冬超え

タマネギ
冬に霜が降りると、根ごと浮いてしまう事があります。
霜の季節になったら、定期的に足で踏み固めてあげる事が必要です。
また、霜を防止する為に敷きワラを行ったりするのも有効です。

収穫と貯蔵

タマネギの収穫時期
5月頃、タマネギの葉が茶色くなり、適度に倒れた頃が収穫時期です。
葉が枯れすぎてからの収穫は、根腐りしやすくなりますので、時期を逃さないようにしましょう。

タマネギの乾燥
収穫したタマネギは、2,3日畝の上に寝かせておき乾燥をさせます。
その後、軒下など、日陰で涼しい場所に吊るして乾燥をさせます。
乾燥したタマネギは、穴の空いたコンテナ等に入れ、涼しい場所で保管してください。

PR:3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園「ハッピーベジタブル」

-11月, 9月, 根もの野菜

関連記事

そら豆

我が家の子供が大好きなソラ豆を庭に植えました。比較的初心者でも簡単に育てる事の出来るそら豆は、家庭菜園を始めるきっかけには向いていると思います。 収穫した後、ビールのおつまみにもオススメですよ♪ そら …

ホウレンソウ

春まきと秋まき、1年間に2度収穫を行えるホウレンソウは、種まきから収穫まで1ヶ月程度と短い栽培期間。 虫に葉が食べられてしまわないように、寒冷紗で覆ってあげる事で、初心者の方でもプランターなどで簡単に …

リーフレタス・サニーレタス

リーフレタスは、種からでも簡単に育てる事ができ、奥様には大変重宝する野菜の一つです。 キッチンやベランダ菜園などでもすくすくと成長するので、狭い場所を活かして春から秋の間は切らさずに育てておきたいです …

さつまいも

さつまいもは、痩せた土でも栽培がしやすく、野菜の中で最も暑さにも乾燥にも強いので、初心者の方にもオススメの野菜です。 水はけと通気性、コガネムシの幼虫に注意すれば、大きな芋が収穫できますよ! さつまい …

ジャガイモ

じゃがいもはレタスと同様に、涼しい気候を好む野菜です。 春(2.3月)と秋(8月)に植える事が出来、植え付け後90日程で収穫が可能な初心者向きな野菜です。 土壌の下準備 定植前にタップリと肥料を撒いて …

ラディッシュ

ラディッシュ

栽培期間が短いことから「二十日大根」とも呼ばれます。 真夏と真冬を除けばいつでも栽培できてしかも短期間で収穫もできる、またコンテナでも気軽に栽培できるので初心者向けの野菜です。

レタス

夏の暑さが和らぎ、秋を感じられる頃に植えるレタス。 レタスは気温25度以上では発芽しにくい為、涼しくなった頃が植え頃です。 リーフレタスは初心者にも簡単に栽培の出来る品種ですが、結球が必要なレタスは少 …

小松菜

青菜の代表的存在の小松菜。 カロテン、ビタミンC、鉄など豊富に含む栄養価の高い緑黄色野菜です。 種まきから短期間で収穫することができるので育てやすく、初心者にもおすすめです。 小松菜は菜類のうち、最も …

大根

8月の下旬から9月にかけて、種まきの時期を迎える大根。 栽培期間が2ヶ月程度と短く、家庭菜園初心者の方にも栽培が比較的簡単な野菜の一つです。 大根の葉は、虫の大好物でもあるので、寒冷紗(かんれいしゃ) …

エンドウ豆

エンドウ豆は、連作障害に弱く、同じ場所で5年は栽培する事が出来ません。 また、酸性の土壌によも弱い為、石灰等で土壌の酸度を調整する必要があります。 種まき エンドウ豆は、関東以南では、冬越えをさせるの …